小山市の不動産売却・小山 不動産売却相談センター

の口コミ情報

相続した物件の不動産売却のご相談を小山市で受け付け

大切なご両親が他界され、子ども時代に過ごされた思い入れの深い物件が財産として相続されることもあります。ただでさえ親が亡くなったことで心が辛い状況下で、資産価値がかなり高い不動産を誰がどのように相続するのか、うまく話し合いがまとまらず仲の良かった兄弟と仲違いしてしまうといったケースも実際に多々起こっています。そのような難しい局面においても、戸建て・マンション・アパート・土地・空き家・店舗・工場・倉庫などを小山市で扱ってきた不動産のプロが、相続後の不動産売却の相談を受け付けています。

相続後に不動産売却を小山市で行い遺産分与をより公平に行う

不動産は有形資産であるため、相続人が複数人以上いる場合においては、かなり高額な有形資産をどう遺産分与するのか、かなり難しい問題となってくることも多々あります。一人が不動産を相続し、その資産額を均等に割った額を他の相続人に現金で支払う等、様々な方法はあるものの、有形資産である以上どの方法で相続人全員が納得するかは難しい課題であることに変わりはありません。そのような緊迫した事態に、より遺産相続に公平性を持たせるためにその物件を売却して現金化するといった選択肢があります。

こうすることで現金を公平に相続人で分配し、余計な身内のトラブルを回避することにも繋がります。この際に気になるのが、相続された家に残された住宅ローンですが、ご安心ください。基本的には住宅ローンを組んだ際に「団体信用保険」に加入しているケースが多いため、その際は保険金で住宅ローンがなくなるため、安心して売却していただけます。

皆様が小山市で不動産売却される際の贈与所得税対策もお任せ

物件が相続される際に「相続税」がかかってくるものの、それに加えて物件を売却する際には「印紙税」や「贈与所得税」がかかってきます。贈与所得税は所得税と住民税に分けられ、その税率も物件を保有していた期間が5年以下かそれ以上かによって増減してきます。その際、最高3,000万円の特別控除や軽減税率の特例を活用することで、贈与所得税を減税することも叶うため、その点は任意売却やリースバックなどに対応してきた経験豊富な不動産売買のプロにお任せください。

例えば、取得費加算の特例といって、相続税が発生してから3年以内の売却の場合において税負担が軽くなる特例があります。贈与所得税の計算式は、「売却価格-(取得費+譲渡費用)=売却益(譲渡所得)×税率」となっていますが、この売却価格からさらに「相続税」もマイナスできることで、税金の支払額が安くなるのです。このような売却時の節税対策も、しっかり支援します。

拠点の小山市で相続後空き家になる問題を不動産売却で解決

日本では空き家が年々増え続けていることが社会問題として認識されており、その理由として住居として不動産を所有している際には、固定資産税を減らすといった減税措置があります。そのため税制改革が行われ、「特例空き家」に指定されてしまった空き家には、その減税措置の対象外となり、減税前よりも4倍近い固定資産税を通常通り支払う必要性が発生することもあります。そのため、もしご両親から小山市近隣で物件を相続され、誰も住む予定がない場合は特定空き家に指定される前に、不動産売却を進めることも一つの選択肢です。

特定空き家に指定されなくとも、毎年固定資産税を払い続ける必要があり、万が一住宅ローンが残っていてそのローンが「団体信用保険」に加入していなかったがために保険金も降りず、ローンを相続人が引き続き支払い続けるといった事態も想定されます。そうならないよう、まずは無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。